読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育園・幼稚園の"先生"だけが職業ではない!

保育士の資格を取って、保育園の先生になる…。

小さい頃の夢で保育園・幼稚園の先生は第2位(先日テレビでやっていた…)でした。

子どもにとって憧れの職業なんですね(^^)


私も子どもが大好きで、


子どもと関わる仕事=保育園・幼稚園の先生


だと思っていました。


しかし、このブログで以前あげたようにベビーシッターだって立派な子どもと関わる仕事の一つ。

他にも様々あります。


その中で今回紹介するのは


"保育ママ"です!



じゃぁ保育ママって…?


仕事などで保育ができない保護者に代わり、主に3歳未満の子どもを自宅で有料で預かる保育者あるいは保育施設の総称です。家庭福祉員、家庭的保育者とも呼ばれます。平成22年4月の児童福祉法の改正に伴い、家庭的保育事業として法定化されました。

※ 全ての自治体で実施されているわけではなく、開業を考える場合にはお近くの自治体に確認が必要です。』


というものです。


そう考えると、必ずしも先生になることが職業じゃないということ!


私は保育園・幼稚園の先生もいいと思うが、一人一人とより近くで関わることのできるベビーシッターや保育ママも素敵だと思います😊


自分にあった働き方が一番いいと感じます!


f:id:tomomiike:20170108184608j:plain